Q では殺陣の初段とは、どういうものですか?

A 林邦史朗が中心となって定められた、殺陣道場総本部での初段の規定を紹介します。

  そこでは、『時代劇・現代劇を問わず、現場で必要とされる最低限の内容』と書かれています。

 「日本俳優連合」と呼ばれる団体には、公認の殺陣師と呼ばれる人達がいます。
 ライセンスは、この方々が与える決まりになっています。 
 それぞれが、テレビや映画。商業演劇(例えば●●劇場○○ショー夢の競演のような舞台)でも、Vシネマなどでも、活躍されている方々です。

 ところで、公認ではない殺陣師さん、というのも。
 実は、いらっしゃいます。
林・構姿3.jpg【殺陣の第一人者・林邦史朗】 殺陣師(「たてし」。時代劇での、アクションの振付などをする専門家)に擬斗師(「ぎとうし」。現代アクションでの、振付師。刑事ドラマやヤクザ映画などが一般的)。
 実は資格とか、基準というものがありません。
 例えば。
 演じて下さる方のOKがあれば、誰でも殺陣師になって、殺陣を振付ける事が出来ます。
 ところで、ここが問題なのですが、自称・殺陣師さんの中には、刀はおろか、武道の心得もない方もいると聞きます。
 その人が上に立つ現場に、もしも自分が居合わせてしまったら。
 …やっぱり、一番困るのは『自分』ではないでしょうか。

 ライセンス制に、話は戻りますが。
 映像、舞台と、現場によっても、そして上に立つ人によっても。
 本当に必要最低限という意味は、違ってはくるのですが。
 『日本俳優連合』には、公認の殺陣師や擬斗師の集う『アクション部会』があります。
 そこで皆さんが、話し合われて、それぞれに。
 最低限でまず、この程度の事が出来なければ、ライセンスは出せない…という事だそうです。

 殺陣道場総本部での、初段の内容は、以下の通りです。
【現代劇】
 まずはアクションの基本です。
 手刀や、肘の使い方。蹴り方等。
 安全で、相手に怪我させる事なく、効果的にみせるテクニックを習います。
 また、現場で求められる確率が高いという事で、空手も少し入っています。

【時代劇】
現代劇.png まずは大事な、礼儀作法・礼法を習います。
 そして、刀法の組み手(一人対一人で、相手の攻撃に対して受けて斬るという一般的な練習方法)。
 また、合戦のシーンなどでは、たとえば相手に、投げられる事もあるでしょう。
 足を引っ掛けられて、転ばされる事もあるでしょう。
 体が練れていなければ、貴方は思わぬ怪我をするかも知れません。
 そこで。
 一番簡単な、受身の方法も教わります。
 また、今度は人を投げる側になった時。体術を知っていた方が、得です。
 合気道(篭手返しや肘当て等)の技も、幾つか取り入れています。
 また、あらゆる殺陣に対応できるよう、武道的な足捌きも習います。

 そして現代劇でも、時代劇でも。
 覚えておくと、大変に役に立つ『体捌きABC』を習得します。
 これを覚えておくと、後で殺陣やアクションの振り付けを覚える時に、非常にラクになります。
 以上、簡単に初段の内容でした。
 初段以上の内容は、この文字をクリック!

milk_btn_prev.png

milk_btn_next.png

俳優.gif体操.gif名称未設定-2.gifはわゆ.gif作法.gif珍問.gif
【資料室の、それぞれのトップページへ戻ります】

1.jpg

オフィス・リバティ事業

林流WS 紹介

林流グッズ紹介

オンライン殺陣編

お江戸の作法教室

はわゆエッセイ

資料室

リンク集

リバティ関係動画集

資料室には、楽しい情報が満載です♪

武劇館SHOP
top_07.jpg

殺陣のことならなんでも分かる、特製DVDや、殺陣師林邦史朗先生の著作など、ここでしか買えない武劇館グッズ満載のオンラインショップです!

LinkIconこちらをクリック!

※今秋、新しい商品が発売開始!