Q 今度ちょっとしたアクション(または殺陣)のある舞台をやらないかと誘われました。
実際に初段を取っていなかったら、困る事ってありますか?

A 林邦史朗氏は、こう言い切っています。

  まず、自分が怪我をする(または相手にさせる)。
  リハーサルでも、本番でも時間がかかる。
  時間がかかると言う事は、非能率的である。
  だから、自分の相手に失礼だし、周りにも迷惑をかける。
  そして未熟な芝居を観るお客さんに失礼である。
  従って、最終的には自分自身が損をする…それは何故か。 
  殺陣が未熟だから、今回はさせてもらえても、次には仕事が来なくなるからだ。

 殺陣は、芝居の中に存在しています。 そして芝居は、虚構の世界です。
 舞台の場合、映像とは違って『芝居上の嘘』が多くなります。
 たとえば。
 『芯』に一息にバッサリと斬られたからといって、『絡み』は舞台上のその場所で、そのまま死んでいる訳にはいきません。
 死ぬ芝居を続けながら捌けていく(舞台袖に引き揚げる)なんて事はとてもよくありますし、その時にはついでに、もうこの場面以降使わない小道具を小脇に抱えて捌けていったりもします。
 リアルで言ったら、死ぬ人間はそんな事はしませんよね?
 虚構の世界ですし、立ち廻りのシーンなどは一番テンションがあがって危険な場面でもあります。
刀法版.png ルールを知らないと、とんでもない事故に繋がる事にもなります。
 そのルールを。
 『誰かその場で教えてくれる』と、思っている人もいれば。 『これ位、知っていて当然』という人もいます。
 勿論、ある事すら知らない人もいるでしょう。
 そして。 たとえプロの指導の下でも怪我は、起こってしまう事があります。
 例えば。
 雨のシーンで、スタジオの床が濡れていていた為に滑って、腰を打ってしまった。
 ロケで坂道を駆け下りていて、足首を捻挫してしまった。
 膝蹴りをしたら相手の脇腹に本当に当たってしまって、肋骨にヒビが入ってしまった。
 前の敵を槍で突こうとして大きく振りかぶったら、たまたま後ろに人がいて。 槍の鐺(こじり)が眼に当たって、失明させてしまった。
 合戦シーンで馬に、踏まれた、蹴られた、落馬して腕を折った。
 落馬した時に頭を打ってしまって、言語障害になってしまった。 等々。
 こういった怪我の原因は、ほとんどが自分の不注意か、立廻りの技術の未熟な結果だそうです。

 現場には、最低限の技術と立廻りのルールを、しっかりと身につけてから望んでほしい。
 林邦史朗氏は、言っています。
 そして、自分の為に(役者は何も保証されていませんから)。
 何か、遭った時の為にも。 保険に加入する事を、併せてお勧めします。

milk_btn_prev.png

milk_btn_next.png

俳優.gif体操.gif名称未設定-2.gifはわゆ.gif作法.gif珍問.gif
【資料室の、それぞれのトップページへ戻ります】

1.jpg

オフィス・リバティ事業

林流WS 紹介

林流グッズ紹介

オンライン殺陣編

お江戸の作法教室

はわゆエッセイ

資料室

リンク集

リバティ関係動画集

資料室には、楽しい情報が満載です♪

武劇館SHOP
top_07.jpg

殺陣のことならなんでも分かる、特製DVDや、殺陣師林邦史朗先生の著作など、ここでしか買えない武劇館グッズ満載のオンラインショップです!

LinkIconこちらをクリック!

※今秋、新しい商品が発売開始!