あなたは、緊張し易い方ですか? ストレスを今、感じていますか?

 軽い緊張やストレスで、自分では意識をしていなくても、体を萎縮させてしまう事があります。
 そして体と気持ちは、全て繋がっているもの。
 体が柔軟でなくなると、つい気持ちも、そして行動力までも抑制してしまう事もあるようです。
 人は、意識をして体を硬くする事は、簡単に出来ます。
 ですが緩める事に関しては、・・・以外に難しいのです。

 人は、様々な情報を、『目』と『耳』だけで得ているのではありません。
 『掌』や『足』からも、実にたくさんの情報をもらっているのです。
 『掌』第二の『脳』ともよばれ、『足』第二の『心臓』と言われています。
 その手の指先や、まずは足の指先から。 末端の関節から徐々に緩めていって、全身にその緩さを伝えていく運動をしてみましょう。
 緊張し易い社会生活の中で、意識をして全身を緩めてみましょう。
 きっと、あなたの健康に役立つことでしょう。

【ポイント】
この運動は、必ず『呼吸法を取り入れて』行いましょう。
これは俗に、『自然呼吸法』と呼ばれているものです。
人は無意識にこれを行っている筈ですが、いざ考え込んだりすると、どう呼吸していいのか判らなくなる場合があります。
そんな時にはどうぞ、この呼吸法を参考にして運動を行ってください。
要は、呼吸をけして止めない事。
呼吸を止めてしまうと、身体を固めてしまう原因になります。

1・呼吸の基本は、『鼻』から吸って、『口』から、吐きます。

2・基本的に、身体が伸びた状態の時には、息を吸います。
 身体が縮んでいる時は、息を吐きます。

1.まずは末端の関節から、緩めていきます。
   両手首、足首から指先など。
   自然呼吸で、自分で振ったり、曲げたりして緩めていきます。
   曲げる方向は、上下左右に回したりして、稼動範囲を広げましょう。
   アキレス腱なども、伸ばして下さい。

te_01.jpg

te_02.jpg

te_03.jpg

te_04.jpg


※これは、固め技にも使えるテクニックです!

2.足を肩幅の広さで開き、両手は自然に体側に降ろします。
  この状態を以下、『自然体』と呼びます。
  その状態で息をゆるく吐きながら、上半身を前に倒します。
  まず両手の指を、組みます。
  そして掌を返しゆるく息を吸いながら上半身を起して、自分の頭の上まで両手を持っていきます。
  そして自分の中心から、緩く震わせて息を吐いていきます。
  ゆったりとした気持ちで行うのが、ポイントです。
  ここで言う自分の中心とは、『下丹田』の部分を言います。
  丹田に関する説明は、『立禅』のページをご覧下さい。
  この運動は目安として、真ん中が2回、左方向と右方向を共に2回ずつ行います。

ue_01.jpg

まず息を緩く吐きながら
上半身を倒す

ue_02.jpg

掌を返して息を吸って
上半身を起す

ue_03.jpg

そして息を吐きながら
右に

ue_04.jpg

左にと、身体を緩く
震わせる

3.『自然体』から、自分の中心を揺さぶっていく。
  自分の中心の力が、指先に伝わるようにまずは、上半身を左右に振っていきます。
  手が自然と身体に、まつわり付いていくようなイメージ。
  『肝臓』や『腎臓』などの大事な臓器を、刺激します。
  振る幅を変えて、片手だけを肩叩きにします。

  今度は、左振向きの場合は右の踵・・・というように。
  逆の踵が見えるまで、大きく振ってみましょう。
  最後は、自分の中心の力を止めます。
  両手は勢いを失い、やがて自然体に戻っていきます。

 ※この運動はふり幅を変える事で、3バージョンです。

ue_05.jpg

まずは『自然体』から
始めます

ue_06.jpg


身体を左右に揺する

ue_07.jpg


揺する幅を変えて肩叩き

ue_08.jpg


大きく捻って逆の踵を見る

4.この運動は、両手にボールを持っているようなイメージでやりましょう。 
  【パート1】
  まず自分の腰の辺りで、ボールを持つように両手を合わせます。
  そのボールを持ちながら、上半身をゆっくりとまわす運動です。
  左バージョンと、右バージョン。 目安として3~5回程度、やります。
  そしてこの場合の呼吸法は、息を吐いて吸ってで、1回転。
  前から緩く息を吐き始めて、後ろに伸びた時からやはり緩く、息を吸い始めます。

ue_09.jpg

ボールを持つようにして
掌を合わせる

ue_10.jpg

この場合は右廻しの例
息を吸って

ue_11.jpg

遠くを通るようにして
ここで呼吸は吐く息へ

ue_12.jpg

今度は左へと、身体を
ゆっくり廻していく

5.この運動は、両手にボールを持っているようなイメージでやりましょう。  
  【パート2】
  今度は、上下の運動です。
  やはり初めは、自分の腰の辺りでボールを持つように、両手を合わせて行います。
  まずは緩く息を吸いながらそのボールを、自分の頭上へと背伸びをするように持って行きます。
  一番てっぺんまで行ったら、今度は緩く息を吐きながら腰から前屈をします。
  上から下へとボールを、自分から遠くの位置を通るようにして、運んでいきます。
  一番下まで来たなら、腰をぐっと落として。
  再び息を吸いながら、ボールを頂点まで背伸びをするように運んでいきます。
  目安として3回、行いましょう。

ue_13.jpg

まずは、上半身を倒す

ue_14.jpg

下まで来た所で腰を入れて

ue_15.jpg

息を吸いながらボールを上げ

ue_16.jpg

上まで来たら、息を吐き始め

ue_17.jpg

吐きながら、遠くを通って

ue_18.jpg

そのまま、
通り続けて

ue_19.jpg

そして初めに戻る

6.腰の辺りで、今度は両手を下に向けて円を作る。
  正面から後ろを振り向きながら、両手(親指と人差し指)の円の間から、逆の踵をみます。
  この時に息を吐き、戻す時に息を吸います。
  出来れば、大きく捻りましょう。
  これを左右3回ずつ、行います。

koshi_01.jpg

両手の間で、円を作る

koshi_02.jpg

息を吐いて、右へ捻る

koshi_03.jpg

同じく、左にも捻る

7.肩を廻す運動です。 【パート1】
  片手は腰。 片手は自分の前に出して、掌は上。
  手の上に、ボールを乗せているイメージです。
  緩く息を吐きながら、掌は上に向けたまま脇の下を通って、後ろの方へ伸ばします。
  そこから息を吸い始め、掌をゆっくり廻しながら、頭の上まで持っていって再び、自分の前まで戻していきます。
  この、『掌が上を向き続ける』事が、最大のポイント!
  前から始まって、前で終って呼吸は1回です。
  これは右手のみ、左手のみ。
  そして両手同時に3パターン行いますが、どれも3~5回くらい行います。
  この運動で、『肩こりがなくなった・・・』と言う方が、多くいます。
  肩こりに悩む方は、どうぞチャレンジして下さい。

kata_01.jpg


息を吐き

kata_02.jpg


吐ききる

kata_03.jpg


吸いはじめ

kata_04.jpg


吸い続けて

kata_05.jpg


吐き始め

kata_06.jpg


吐き続けて

kata_07.jpg


1に戻る

8.肩を廻す運動です。 【パート2】
  今度の呼吸法は、一気に吸って、一気に吐きます。
  両肩を息を吸いながら、後ろから大きく廻して、持ち上げます。
  そして一気に吐きながら、肩をストンと落とします。
  後ろから3回、前から3回ほどやります。

kata_08.jpg

息を吸って

kata_09.jpg

吐く!

9.首を廻す運動。 
  今度は左右に、顎で円を描くイメージで横に、8の字を描きます。
  呼吸は緩く、左からと、右からの2パターンおこないます。
  目安として、3回くらい。

kubi_01.jpg

パート・1 (右廻しの例)

kubi_02.jpg

パート・2 (右から廻す例)

足芯呼吸(そくしんこきゅう)●
  1~10の運動で、全身の関節が十分緩まりました。 今度は全身に気を通す為の、準備運動をし
  ます。
  そして『立禅』に入るのですが、その前に豆知識。

男性と女性では、気の巡り方がになります。
気の考え方は、中国から伝わったものです。

『右手』『陰』。 『左手』『陽』です。
痛い時に手を当てる場合などは、女性は右手で。 男性は、左手をその部分に当てましょう。
この『足芯呼吸』の場合では、女性は気を前方から頭頂を通って、背中へと通していきますが。
男性の場合は、背中から頭頂を通して前方へと、通していきます。

  まず、『自然体』に、なります。

  両手は外側から広げ、頂点に来たら両手を水平にして、下ろしていきます。
  この場合、まず緩く息を吸いながら、綺麗な水を吸い上げるように。
  そんなイメージで、鼻から息を吸い上げます。
  その綺麗な水は身体を通って、やがて頭頂まで吸い上げられていきます。
  その時。 息を詰めてしまうと脳に良くないので、鼻から少し息を漏らします。
  そして口から息を吐き、両手を下ろしながら身体を探っていくように。
  吸い上げた水を、身体を通して『土踏まず』から下へ、流していきます。
  綺麗な水が『土踏まず』から入って、『土踏まず』から抜けていくようなイメージです。
  身体の不浄な部分を、洗い流していく・・・。 そんなイメージで、おこないましょう。
  ※これを3回おこなって、いよいよ『立禅』をおこないます。

sokushin_01.jpg

まずは、『自然体』から!

sokushin_02.jpg

土踏まずから『気』を、呼吸と共に吸い上げて

sokushin_03.jpg

ここで息から少し、息を漏らす

sokushin_04.jpg

今度は両手を水平に、息を吐きながら

sokushin_05.jpg

『自然体』へと、ゆっくり戻って

milk_btn_prev.png

milk_btn_next.png

俳優.gif体操.gif名称未設定-2.gifはわゆ.gif作法.gif珍問.gif
【資料室の、それぞれのトップページへ戻ります】

1.jpg

オフィス・リバティ事業

林流WS 紹介

林流グッズ紹介

オンライン殺陣編

お江戸の作法教室

はわゆエッセイ

資料室

リンク集

リバティ関係動画集

資料室には、楽しい情報が満載です♪

武劇館SHOP
top_07.jpg

殺陣のことならなんでも分かる、特製DVDや、殺陣師林邦史朗先生の著作など、ここでしか買えない武劇館グッズ満載のオンラインショップです!

LinkIconこちらをクリック!

※今秋、新しい商品が発売開始!