目指すは、『武道館』…!~1月~

 ~オフィス・リバティ設立

 あけましておめでとうございます☆ 
 …って、この更新は現時点でもうぼちぼち、寒中見舞いになろうかという時季なような…うぅ…。 (^_^;)

 さて、本年度の大河ドラマ『義経』の放送が、いよいよスタートを致しました…!
ukemi_4.jpg【高萩海岸で行われた、合戦シーン】 はわゆサンが昨年度、このサイトで紹介致しました茨城県の高萩海岸でのロケシーンが豊富に使われていたようです。
 ところで・・・はわゆサン。
 年末年始は実に多忙だったのですが、何故かと申しますと、実は(!)
 昭和一ケタ母が、目出度くも今年の1月4日に77歳の誕生日を迎えたからなのでございます・・・。

 ご存知の方も多いでしょうが、77歳は喜寿(きじゅ)の祝いと申しまして、非常にお目出度い年齢なのでございます…。
 何故に77歳なのかと申しますと決して、ゾロ目ゆえに生じたお祝いではありませんよ。 (^。^)
 喜びという字は、古い字で書くと、七と言う字を森の字の如く綴った文字から来てるからだとか…?
 還暦(60歳)の祝いとか、古希(70歳)とか、米寿(88歳)とか。
 日本には、そんな年齢を祝う行事が幾つか、存在しているのであります☆

 ところが昭和一ケタ母はここ数年、年末をずーっと風邪でダウン、という年が続いていたのですが★
 今年はどうやら、寝込まないで済んでくれました。
 ・・・ってな訳で、喜寿のお祝いを兼ねて、正月旅行の行き先は、『天草』
天草.jpg【天草の地図☆】 ここを選んだ理由の一つには勿論、天草という場所が海が美しくて、魚が美味い・・・という事もありますが。
 なにしろ、この土地では『死んだ魚は食わねぇ』…っていう位魚が新鮮なんだそうですね。 (^◇^)
 でも実は、はわゆサン達には実にミーハー(!)なる目的があったのです…。
 実は、2003年度の大河ドラマ『武蔵~MUSASHI~』においての巌流島のロケ地はここ、天草…! なのであります。
 …はわゆサン。 林先生に天草のお話を聞いていて、是非一度は訪れてみたいと、ずーっと願っていたからなんですね!
 勿論、海好きの昭和一ケタ母も、その意見は一致しておりました。 (^_-)-☆

 天草と一言で申しましても、大きくは『天草上島』と『天草下島』に分かれるのだそうですが。

 武蔵のロケ地はその下島の方の、『茂串海岸』という場所で行なわれたのだそうです。
 熊本県牛深市役所のお向かいにある『牛深海彩館』には、ロケで武蔵が巌流島へ渡った時に使われた船の展示もありました★
 …聞く所によりますと、昨年はその茂串海岸。 海水浴客が例年よりも多く、訪れたと聞きます。
 はわゆサン達が訪れた時は、少し天気が悪かったにも関わらず、美しい海でありました。 (^_^)v

musashi_02.jpg【これが、撮影で使われた櫓船。 ここにもともとあったモノを、撮影で使ったのだそう】 さて、牛深市役所では『武蔵ロケ・ポイントマップ』なるものが配られているようで、海岸を歩いて、往復60分で全てのポイントが散策出来るのだとか。
 そのマップには武蔵や小次郎の写真と共に、スタッフの方もちらほらと写ってはいたのですが★
 我らが林邦史朗は、一片も写っておらず。
 若駒メンバーのみ、武蔵の刺客として(しかも編笠被りの後ろ姿で)4人程、写っていたっきりでございました・・・。 (^_^;)

 武蔵は艪舟(ろぶね)で巌流島へ渡りましたが、その船頭役を演じたのが若駒プロの千葉清次郎氏。
 最近では朝霞・武劇館の刀道の時間に訪れては、稽古に来ている若い奴らにゲキを飛ばして下さっております…。
 と、そんな訳で4泊5日の『天草・黒川温泉ツァー』は終わり、日常の日々は復活をしたのですが★
 …ちなみに、はわゆサンのお兄さんは、世間によく居る『鉄ちゃん(鉄道ファンのこと)』なので交通は、行きは『ブルートレインはやぶさ号』を使って。
 帰りはJALより1万円安いけれども、そのかわり機内サービスは全くなし…!のスカイネットアジア航空で帰ってまいりました。
 乗り物の手配や宿の手配は、はわゆ家では鉄ちゃん・兄の仕事と決まっているんです。 
 ・・・なんてったって、乗り物には詳しい人ですものね。 (^_-)

musashi_03.jpg【赤い電車のマークは、『桜』の中に『隼』をあしらったものだそうで、『さくら号』と『はやぶさ号』に分かれるそうですが、今は廃線に】 『ブルートレインはやぶさ』号は、関門海峡を越える折には、必ず機関車を交換するのだそうですが、そこで、よく見掛けた光景とは・・・。
 親子連れで、父はカメラを。
 子供はビデオを持って、機関車交換の様子を撮影している姿をとても(!)よく見掛けました・・・。
 携帯のカメラで撮影する方も、とっても多かった・・・!
 飛行機族が増える中、いやはやどうして、鉄ちゃん、健在です!
 そして鉄ちゃんの子供は、やっぱり鉄ちゃんになっていくのでしょうか・・・。 (~_~;)

 さて。 正月空けてのお初(!)のページが、このままでは天草話で終ってしまいそうなので、この辺りで切り上げを致しましょう。
 実は、…はわゆサン。
 昨年の9月に、『登録制のタレント事務所』という奴を立ち上げました…!
 名を、『オフィス・リバティ』と申します。

 はわゆの日々・第16回『親父狩りに、会った…』でもご紹介を致しましたが、はわゆ家は天下晴れての自営業・・・。
budoukan_01.jpg【2004年11月に放送された『アリゾナの魔法』に林先生が出演しましたが、武道館を借り切ってロケが行なわれたのです★ 記事とは何ら関係ありませんが、載せてみました】  極簡単に、営業部門を一つ、増やしたという事ですね。
 実はこのHPを始めてみて、しみじみ思っていたんです。
 はわゆサンってのはたまたま、東京に産まれていただけなんだよねぇ・・・って。 

 両親は、元を正せば東北ですし。
 はわゆサンの母親のお母さん(つまり、はわゆサンにとってはお婆ちゃん)が亭主を単身赴任させ、自分は(子育ての為に)東京に住む事を決めていなかったら、この土地に住む事はなかったと思うのです。
 なので『東京大空襲』にも逢ったし、危険も多かった訳ですが、上手い具合に家の方も通り一本挟んでこちら側にあったおかげで、たまたま焼け残っていてくれたのだそうです。
 結局、長男は戦争で亡くしましたが(この辺りは、はわゆの日々第8話・『はわゆサンちのお盆』をお読みください)、紆余曲折はあったものの。
 …とにかく、はわゆサンはたまたま、東京に生を受けて育っただけなんですよね。
musashi_01.jpg【茂串海岸の入り口には、武蔵と小次郎の像が】
 ですがもし東京に住んでいなかったら、立ち廻りに関わりを持つことは全くなかったと、はっきり断言出来るかも。 (゜-゜)
 ましてや、代理講師なんてホント、とんでもなかったと思いますし、『タレント養成所』でのレッスンで、『殺陣』がある場所すら、当時(1995年辺り)は、少なかったように思います。
 しかも…はわゆサンの場合、それを目指してオーディションを受けた訳では全くありませんし★

 通勤定期エリア内で、交通費が掛からない。 
 そんな理由だけで受けた養成所で、はわゆサンは林邦史朗という人に出会いました。 
 この人に逢いたくって、夢にみる人だって居るんだろうなぁ・・・。  (゜_゜)

 はわゆサンなんかそれまで、立ち廻りの『た』の字も知らなかったですし、それに関しては何も、夢も希望も持っていませんでした。

 ですがHPを立ち上げてみて、色々な方のお話を聞いてみますと。

 ・・・例えば地方の女性が、『殺陣師になりたい』という夢を描いていたり。
 『殺陣』を勉強したいのに、何処で習えるのか判らないので教えて欲しいという相談も、ありました。
 代理講師の仕事だって、もし稽古を西暦2000年まで続けていなかったら、ありつけなかったんだよねぇと、思います。 (この辺の詳しい話は、はわゆの日々・第3話『お江戸の作法日記・始末記』をご覧下さい)。
 そして、もう一つ。
 たまたま、・・・林邦史朗と言う人は、あまり男とか女とかには、こだわらない方だから。
musashi_04.jpg【熊本には、夏みかんが一杯植えてある! でも昔は食べたけど、今では殆ど食べないんですって。 それでついつい、人様のお宅の蜜柑がもぎたい…はわゆサンでありました★ (そしてついに…。)】     ましてや、男性はみんなロケに行ってしまっているし、東京には女しか残っていないしで、たまたま、はわゆサンのウチは自営だから、時間の束縛が他の人よりはあんまり無かった・・・。
 それで、白羽の矢が当たっただけの事でした。
 ・・・どう考えてみても、はわゆサンって別に、特別な人だったとは思えないし。 (^_^;)

 ですがおそらく、そんな流れもなかったら、こんなHPをしかも、1から勉強して作る事もなかったと、思います。
 そこで、初めて・・・知った事。
 日本にはこんなに、『立ち廻り』って奴をやってみたいという人が、結構に多いんですね。 
 でもやっぱり、勉強をするにはその環境が。

 『立ち廻り』を勉強する為にはやっぱり、それなりの環境…ってのが必要になるとは思います。

 例えば、はわゆサンが通っていたような『タレント養成所』とか『劇団』といったような…。
 でも、林先生の考えはもっと違いました。

『立ち廻りの通信教育』が、やりたい・・・というのです。

tate-dvd.1.jpg【通信教育は、殺陣教育DVDの販売と形を変えて、現在も奮闘中!】 それは俳優になる為だけではなくって、例えば『立ち廻りを、一度でもいいからやってみたい』という人や、ダンスやスポーツを楽しむような感覚で、『手軽な趣味』として習えるような環境がもし、整えば。
 『立ち廻り』が、皆さんのものとして、楽しむ事が出来るんじゃないのかなぁ。 (゜-゜)

 林先生はよく、『立ち廻りの通信教育』をやりたいと言ってました。
 例えばビデオを作って月毎に送れば、地方でたった一人でも『立ち廻りの勉強がしたい…!』という人の夢が叶うんじゃないか…?

 そんな折、うまい具合にインターネットというものが世の中に普及をしてまいりました…。

 身体の事は、たとえばテレビの踊りを見てすぐに踊れる…という人は少ないでしょう。
 ですが画像を見る事で、下地を作る事は出来る筈です。
 『立ち廻り』を、例えばエアロビのような感覚で習える環境が作り上げられたら、楽しそう。
 そういえばエアロビには、一年に1回とか『全国大会』なるものが開催されているようです。 
 ならば、はわゆサンは『武道館で立ち廻り大会』だっ…!!
 …うっ、わー…っ!!
 メチャ、夢ですねぇ…。
エアロビ.jpg【エアロビ大会は、かなり大がかりです】 でも、もしかしてその中からプロ!として活躍する人がたくさん出て来たりしたら、もーっと『立ち廻り』が楽しくなっちゃったりして…! (^o^)

 昨年ですか。 テレビでアマチュアの『エアロビ全国大会』の映像を見て…はわゆサン。
 しみじみ、思ったんですよ。
 アマチュアの人の方が、プロの人よりも生き生きしてるかも知れないんじゃない? …って。
 近い将来、『立ち廻りを生業にしている役者』よりも、『アマチュアの方の立ち廻り』の方がしのぐ事だって、ないとは言えなかったりして。
 夢が膨らむ、昨今の、はわゆサンです。                                      

milk_btn_prev.png

milk_btn_next.png

俳優.gif体操.gif名称未設定-2.gifはわゆ.gif作法.gif珍問.gif
【資料室の、それぞれのトップページへ戻ります】

1.jpg

オフィス・リバティ事業

林流WS 紹介

林流グッズ紹介

オンライン殺陣編

お江戸の作法教室

はわゆエッセイ

資料室

リンク集

リバティ関係動画集

資料室には、楽しい情報が満載です♪

武劇館SHOP
top_07.jpg

殺陣のことならなんでも分かる、特製DVDや、殺陣師林邦史朗先生の著作など、ここでしか買えない武劇館グッズ満載のオンラインショップです!

LinkIconこちらをクリック!

※今秋、新しい商品が発売開始!