サムライ体験(!)ワークショップ、毎月開催!

【日   時】

基本的に毎月第3日曜日開催予定ですが、当方の都合で変更になる場合があります。
なので、必ずメールフォームなどで、お問い合わせ下さい。
●サムライ体験・・・AM10時~12時(約2時間)

【場   所】

●『武劇館』※地図などは、こちら!
LinkIcon武劇館MAP

【参加費用】

●1,000円(試斬用藁 2本代)/回
※林先生の許可が出た者は、4本試斬できます。(2千円になります)
※レンタル料
 真剣・・・200円 模擬刀・木刀・・・200円 帯・袴・・・200円
 フルセットで、500円です。

【服    装】

どんな格好でも、結構です。(ジャージなどでも構いません)
もしも剣道着など、お手持ちの物があればどうぞ、お持ち下さい。

【問合せ&申込&緊急連絡先】

●080-5543-6215(オフィス・リバティ 山野まで)

【注   意】

サムライ体験は、当日参加につきましては、お断りする事があります。
試斬には、実は(!)支度が必要なんです。 (^_^;)
材料(巻き藁)を、前日から水に漬けておく必要があるので(乾いた藁では、試斬が出来ないので)前日までにお申し込み下さい。
お1人様、初回は藁2本までとなります。
また、お子様の参加も可能ですが、真剣(約1キロ程度)を扱える方のみの参加となっております。
危険防止のため、ご協力をお願い申し上げます。
また、居合刀や真剣をお持ちの方は、どうぞ稽古場までお持ち下さい。 

※お申し込みは、こちら!

参加申し込みをされた方は、武劇館にワークショップ開始の15分前までに、 お出で下さい。

workshop.zennshin.jpg

まずは帯(俗にいう「男帯」)を絞めてから、袴を穿いて戴きます。
袴は「馬乗り袴」で、帯と一緒に無料でお貸ししますが、もしお手持ちの物があれば、どうぞお持ち下さい。
自分では着られない方には、着付指導も致しますので、安心してご参加を。 
ただ、袴の数に限りがございますので、その場合は先着順とさせて戴きます。 

_MG_3730.JPG
開始時間までは、道場にある鍛錬棒や模擬刀を振って戴くなどしたあと、まずは侍の作法を体験して戴きます。
袴着用の際の座り方や立ち方はもちろん、なにしろ侍体験ワークショップなので、日本刀を扱う武士になって戴くためには、最低限の礼儀(挨拶や、刀の置き方・裁き方など)をご紹介しています。

katana_oyayubi.jpg
納刀や下げ緒の捌き方は、剣術の流派によったり、江戸時代であれば藩ごとに違うのだそうですが、ここでは一般的な納刀と抜刀、「鯉口の切る」などの稽古をします。
居合抜きの達人の剣と、凡人の剣は何が違うかなどの話を聞いた後で、いよいよ模擬刀での素振り(8種の斬り方)をして戴き、よき処で真剣試斬の体験をして戴きます。
ここで使う居合刀は無料で貸し出していますが、もしお手持ちの物があればどうぞ、お持ち下さい。

_MG_3767.JPG
真剣(こちらも、無料)で藁を斬って戴くのですが、まずは袈裟斬り(30度から40度の間の、斜めに斬り下ろす)から、体験をして戴きます。
それにしても、初心者の方ってのは、ホントにすごい! (^_^;)
藁を斬らないで、床斬った(…というより、叩いた!)方も、多くいらっしゃいます。 
また、『刀は曲がらないで、折れるもの』と思っていらっしゃる方も多いようで、そういえばたしかに、映像では折れる事が多いですよね。
刀に使われている鉄の素材にもよりますが、刀は曲がりますし、折れもします。
日本刀は、一振り、60万(!)くらいから、しかも上を見ればウナギノボリなお値段なんです。大切に扱って戴きたいと、存じます。 <(_ _)>
…それにしても、そんな高価な刀の体験を、これだけ廉価でやってる林先生って、太っ腹だ…。 (+o+)
その後、斬って散った藁などを片付けて、最後にお掃除をして、『サムライ体験』は終了です。

milk_btn_prev.png

milk_btn_next.png

1.jpg

オフィス・リバティ事業

林流WS 紹介

林流グッズ紹介

オンライン殺陣編

お江戸の作法教室

はわゆエッセイ

資料室

リンク集

リバティ関係動画集

林流グッズから、『林流・真剣刀法のすべて~奥の巻~が2012年11月14日に、発売になりました!

詳しいことは、こちらから!

武劇館SHOP
top_07.jpg

殺陣のことならなんでも分かる、特製DVDや、殺陣師林邦史朗先生の著作など、ここでしか買えない武劇館グッズ満載のオンラインショップです!

LinkIconこちらをクリック!

※今秋、新しい商品が発売開始!