殺陣体験(!)ワークショップ!

【日   時】

基本的に毎月第3日曜日開催ですが、当方の都合で変更になる事もあります。
第1週は、アンケートを取って、希望者が4名を超えるようなら開催になります。
なので、必ずメールフォームなどで、お問い合わせ下さい。
●殺陣体験・・・PM1時~3時(約2時間)

【場   所】

●『武劇館』
※地図などは、こちら!LinkIcon武劇館MAP

【参加費用】

●1,000円

【服   装】

どんな服装でもOKですが、動きやすい格好でお願いします。
(ジャージなどでも、構いません)

【注   意】

参加申し込みをされた方は、武劇館に開始時間までに、お出で下さい。
飛び込み参加も、殺陣体験では受け付けております。

※お申し込みは、こちら!

『全身を緩める運動』と、『立禅』を体験して戴いたら、いよいよ殺陣体験の、はじまり、はじまり~♪

064.jpg
まず、林邦史朗氏が創作した『林流健康体操(全身を緩める運動)』を、 体験して戴きます。
この体操には『侍の技』が含まれているので、説明がてら、まずはそこだけ体験して戴きます。
手首締めや小手返し、肘締めなど、どれも刀から発祥した侍の技です。
ぜひ、体験してみて下さい。


殺陣を演じる場合、相手が自分を攻撃してくる訳ですが、その時に体を捌く訳です。
「捌く」とはつまり、「相手の攻撃に対して、身をかわす」事です。
この方法は、本当にたくさんあるのだそうですが、林先生が自ら纏め上げ、整理したのが、「体捌き」と呼ばれる「ステップの数々」です。
050.jpg殺陣というとみなさん、まず刀を持って演じてみたい、武将が演じてみたい、色々と希望はあると思いますが、武器は手の延長として扱う訳で、まず身体が先にある程度動けるような体作りをしてそおきませんと、武器を持っても、そちらに気が取られてしまって、殺陣を演じる本人自身がどう動いていいのか判らなくなってしまい、殺陣の動きがまるで覚えられません。 (^_^;)
林先生が考案した体捌きは、A・B・Cと3種類ありますが、これを覚えると殺陣を覚えるのが格段に速くなりますし、これは武術に通じるものですから侍の根本といってもいいと思います。
是非、立ち廻りの最速の上達方法である「体捌き」を習得して、殺陣を演じてみて下さい。


殺陣のステップを覚えたら、いよいよ木刀を持っての『林流連続50素振りの型』の体験です!
林先生が考案した、50の素振りの型に殺陣に必要な要素が全て含まれているという、スグレモノ(!)の稽古方法です。
10.jpg『刀法の8種の斬り方』に始り、殺陣の攻撃方法の基本や、危険回避を目的とした素振り方法はもちろん、相手の攻撃を躱しながら斬る方法の色々、四方斬り、などなど。
抜刀から納刀に至るまで、これを覚えれば、殺陣の攻撃の基本が全て学べます。
ぜひぜひ、覚えてお帰り下さい。 (^_^)v


さて、ここまで来たらいよいよ、殺陣体験の始り始り~♪
070.jpg敵の攻撃をかわして、かわして、相手と入れ替わって回転(!)
殺陣の内容は、その日によって違いますが、みなさまに喜んで戴いています。
木刀は、無料でお貸ししておりますので、ぜひ日本の伝統文化の粋である「殺陣」を体験してみて下さい。

milk_btn_prev.png

milk_btn_next.png

1.jpg

オフィス・リバティ事業

林流WS 紹介

林流グッズ紹介

オンライン殺陣編

お江戸の作法教室

はわゆエッセイ

資料室

リンク集

リバティ関係動画集

武劇館SHOP
top_07.jpg

殺陣のことならなんでも分かる、特製DVDや、殺陣師林邦史朗先生の著作など、ここでしか買えない武劇館グッズ満載のオンラインショップです!

LinkIconこちらをクリック!

※今秋、新しい商品が発売開始!